インフルエンザとは毎年流行りがありますが、実際インフルエンザが流行する時期について記載しています。

インフルエンザの流行する時期について

インフルエンザの流行する時期について

インフルエンザの流行する時期について インフルエンザとは毎年流行するわけではありませんが、インフルエンザの患者が出てくる時期というものがあります。インフルエンザは毎年のように発症が見つかる病気であり、年によってはその流行度合いは異なります。最近では新型インフルエンザが大流行し記憶はまだ新しいと思います。このインフルエンザですが、実際流行する時期とはいつなのかを記載していこうと思います。インフルエンザとは実際に予防接種を受けに行こうと考えるとは、殆どの人は秋ごろを想像すると思います。それも10月や11月ごろに多く予防接種を受けに行く人が多きいます。

ですが、インフルエンザ自体は毎年11月下旬から12月上旬にはシーズンに入ってしまうため、予防接種をするなら10月中がよいと思います。11月下旬ごろからインフルエンザのシーズンに入りますが、そのあとシーズンは続き年が明けた1月から3月にかけてピークを迎えます。そこから徐々に患者数は4月から5月にかけて減っていく傾向があります。その為、インフルエンザの流行する時期は秋から冬にかけた11月から3月となります。ただしこれは日本国内の流行であり、南半球に関してはインフルエンザの流行時期は4月から9月頃がシーズンになります。その為、ゴールデンウィークや夏休みなどに海外旅行先でのインフルエンザにも注意は必要と言えます。

Copyright (C)2014インフルエンザの流行する時期について.All rights reserved.